皆さん、こんにちわハート プレアホームの古橋ですチョキ


早々に夏バテになってしまった、という声が増えてきました。
冷房が聞いたオフィスで過ごしていると、通勤時の気温の差によって夏バテを強く起こすことがあるそうです。意識的に「汗をかく」「外気温に体を慣らす」といったことは必要なのかもしれません。

さて、今回は「エクステリア」のひとつ「外壁」についてお話したいと思います。

家を建てる際、防犯対策としても外壁を建てることがほとんどですが、最近はフェンスを使用するスタイルも増えてきました。少し前まではしっかりとした外壁に囲まれた住宅が多かったのですが、外壁に守られている分、不審者が中に入ってしまうと外から気づきにくいというデメリットが目立ってしまったため人気が減ってしまいました。

そういった経緯もあることかあら、外壁のリフォーム工事が増えてきているそうです。

外壁を作った時期がかなり前の場合、ブロックの中に鉄筋が入っていないことがあります。地震で倒壊したなどといった場合に発覚することが多いのですが、鉄筋が入っていない外壁は地震などの影響を受けやすいといわれています。

また、使用されているブロックが経年劣化によりひび割れたり、たわんできたり、様々な故障が見受けられます。
大抵の場合、外壁は道路に面しています。
倒壊した場合、通行人に怪我をさせてしまっては大変です。

外壁の補修は、ヒビに補修材を充填する方法、損壊が酷い場所のみリフォーム工事をする方法、全体をリフォームする方法、それぞれ選ぶことが可能です。後々のことを考えると、メンテナンスが楽なフェンスにやり変えてしまったほうがオススメですが、意外と費用が掛かります。

また、植樹などをして工夫しなければ、庭はもちろん家の中が丸見えです。
外壁をじっくりと見ることはあまりないと思いますが、是非この機会にチェックしてみてください!

ネット限定 注文住宅の間取りプラン集プレゼント

資料請求