テクノストラクチャーの家は木造住宅の弱点を解決した、
長期荷重に耐えられる高耐久性能を実現



テクノビームの強度性能

テクノビーム軸組構造の建物の重要な構造材である梁は、重荷より若干のたわみが生じます。
特に木製梁の場合は、樹種、乾燥度合い、筋や割れの状況によって強度や品質のばらつきが大きく、ずれやきしみなどの原因となります。
また、木製梁は長期間重荷がかかり続けると、わたみ変形量が年々増えていくクリープ変形という現象が起こり、これにより引き戸や開閉がしにくくなるなど住宅に様々な不具合が生じます。
テクノストラクチャーではこの弱点を解決する梁の部分に木材を鉄骨の複合梁「テクノビーム」を使用し、木造住宅の梁の強度を高めました。


テクノビームの強度性能


長く住むほど耐久性に差がでるテクノビームと木製梁

テクノビームの防錆処理
● 錆からテクノビームを守る溶融鉛めっき
テクノビームの芯材には、防錆作用に優れた溶融亜鉛めっき処理を施しているので、住宅性能制度における劣化対策特級3の基準をクリアしています。

木部材における配慮
● 集成材が無垢材の約1.5倍の強度を発揮
テクノストラクチャーでは、優れた強度と耐久性を持つ構造用集成材柱を採用しています。集成材は、木の節や割れなどをできるだけ取り除き特殊な接着剤で接着することによりつくられた建材です。自然素材でありながら工場生産による均一の高品質を実現し、同寸法の無垢材の約1.5倍の強度を誇っています。

木部材における配慮



高い耐震性を生む基礎・床・壁


部材や接合部そのものの強度が構造体としての基本要素とすれば、それらによって構成される基礎や床・壁は、住まいとしての基本条件といえる部分です。
テクノストラクチャーではこの部分でも独自の研究開発に基づく耐震仕様を採用し、優れた構造強度を確保しています。


地盤に合ったきめ細やかな基礎設計

高い耐震性の実現には、地盤の性質に適した丈夫な基礎であることが不可欠です。
テクノストラクチャーでは、スウェーデン式サウンディング法による地耐力調査を必須とし、その他耐力に応じて鉄筋コンクリート製の布基礎とベタ基礎の2種類の基礎仕様があります。
また、間取りや構造全体の荷重のバランスなどに応じて主筋やたて筋の形状や数量を決定し、最適な基礎を設計しています。


テクノストラクチャーの基礎仕様


壁の強度を引き出す耐震仕様の耐力壁

地震や台風などの外力に抵抗する壁は「耐力壁」は家としての強度を保つため不可欠なものです。
耐力壁は梁や土台などと柱との間に筋外や合板などを組みまわせて構成さ、テクノストラクチャーは壁倍率最大5倍の仕様まで取り揃えています。


耐力壁・Mボード仕様

テクノストラクチャーの家は「制震」にも取り組んでいます。  →「制震システム」を見る(※オプション製品)

テクノストラクチャーの家についてお気軽にご質問ください。



ネット限定 注文住宅の間取りプラン集プレゼント

資料請求