地震という災害に対する関心の高まりから、「耐震」に「制震」をプラスして考えるところが増えています。テクノストラクチャーの家は、もともと耐震住宅工法であり、「地震に強い家」を特長としていますが、「制震」にも積極的に取り組んでいます


テクノストラクチャーの家は「耐震」プラス「制震」で建物の変形を、さらに30%~50%抑制します。


テクノストラクチャーの「制震システム」

木の家を強くするテクノストラクチャー工法に、さらなる安心を加える「制震システム」が生まれました。
建物の1階部分に制震装置を取り付けることで、地震の揺れで変形しやすかった2階の部分の揺れを抑え、家具の転倒などの不安をさらにやわらげます。
また、制震装置は、連続する余震にも何度でも安定した揺れの抑制効果を発揮します。
さらに、テクノストラクチャーの「制震システム」では、耐久性の高い部材を使用しているので、長期間、安定した性能を維持します。


テクノストラクチャーの家の制震システム

国道交通大臣認定取得済
テクノストラクチャーはここが違う!

テクノストラクチャーの制震システムは筋かい(耐力壁)の機能も持ち合わせます。そのため「構造上の耐力壁が多いので耐震装置を配置する場所がない!」ということもありません。間取りづくりの自由度が広がります。



制震を取り入れると何が良いの?

揺れを抑えます
耐震性能だけでは、揺れそのものを抑えることはできません。
制震が施されていれば、揺れ自体が低減されるため、転倒による怪我や家具の損傷、クロスのよれなどを防ぐことができます。

上層階ほど揺れにくい
制振装置は2階、3階の揺れを低減します。
寝室は2階に設けることが多いため、万一就寝時に地震が起こった場合、家具の転倒などによる怪我等も防ぐことができます。

家屋の損傷をおさえる
耐震のみの時に比べ、建物の変形をさらに30~50%抑制するため、被害を軽減することができ、修理なども最小限に抑えられます。

揺れの恐怖を少しでも軽減したい
揺れに対する恐怖は長引くもの。
制震によって揺れを抑えることで、少しでも恐怖を軽減できればと考えています。


地震による建物の変形量の比較
解析条件



テクノストラクチャーの家についてお気軽にご質問ください。

ネット限定 注文住宅の間取りプラン集プレゼント

資料請求